今の職場に不満があれば外資系企業への転身を考える

自身の働きを客観的に評価してくれるのが魅力


外資系企業への転職を希望する人の多くは自身への評価が正当に行われることを重視する傾向があります。企業内での評価基準は様々ですが、外資系企業は個人の働きに重きを置くのが特徴です。評価内容がシビアになりますが、結果に対する客観的な評価でもあるので例え酷評でも納得できることが多いのです。その一方で日本国内の企業における評価は個人の頑張りよりもチームワークが重視されることが多いので、個人向けの客観的な評価を得るのが難しいのが特徴です。また、上司と部下という上下関係が評価の基準になることも多いので、相性の良し悪しで待遇が変わってしまうこともあるのです。合理的で客観性のある評価を得るなら外資系企業が最適と言えます。

評価は正当だが良い結果を出す必要がある


外資系企業は個人の能力を重視するので客観的な評価を得やすい利点がありますが、その一方で結果主義であることを注意しなければいけません。どんなに途中経過が良かったとしても結果が悪ければ評価は非常に低くなります。外資系企業のすべてが結果主義ではありませんが、それでも経過より結果を重視する事実は変わりません。長期的なプロジェクトであっても定期的に中間報告を行うのが普通であり、指定された時点で一定の成果が無ければプロジェクトそのものが凍結されることも珍しくないのです。左遷や解雇もあり得るので、常に最良の結果を出すように尽力する必要があります。外資系企業は個人の能力を重視する反面、評価の基準は非常にシビアなのを把握しなければいけません。