成果主義の組織なら自分の頑張りをフェアに評価してもらえる

成果主義で能力にあった評価をもらおう!


外資系の多くの企業は、働く人の年齢やキャリア歴ではなく、仕事のクオリティによって評価する成果主義をとっています。そのため、自分の能力を生かしたり、さらなる努力を続けた結果の仕事が、一般企業よりフェアに評価してもらうことができます。さらに、勉強したり、自分なりの企画を出したりする個人としての努力が、仕事に反映されるというメリットもあります。

また、一般企業では、年長の上司に気をつかったり、職場の人間関係が評価につながったりするなど、仕事以外での言動に目を向けられることがあります。成果主義をとる外資系では、人間関係に必要以上に注意を払う必要もありません。もちろん、コミュニケーションは必要ですが、あくまで仕事が中心となります。

自分の頑張りが仕事に反映される!


さらに、能力主義をとる外資系では、自分の能力を積極的にのばすことが求められます。新しく資格をとったり、会社外での研修に積極的に参加して仕事に反映すれば、さらなる評価を期待することができます。一般企業の場合、ガツガツ行き過ぎるとかえって評価が下がってしまうことがあります。ですが、能力主義の会社では、そうしたことが起こりにくいと考えられます。

自分の能力をのばして、積極的に仕事をこなしたい方は、能力主義をとる外資系への転職をおすすめします。また、不必要な人間関係のバイアスに悩んでる方にもおすすめです。努力による成果を積み重ねたことに対し、フェアな評価が期待できる企業に、活躍の場を移してみてはいかがでしょうか。